はじめに

僕は FF14 をやっているんですが、今まで PS3 → PS4 → Windows と遊ぶ環境を変えてきました。今回はさらに、普段使用している Mac に移行したのでその感想です。

環境

使用環境は以下の通りです。

Mac 本体
    デバイス名: Mac mini 2018
    OS: macOS Catalina 10.15.4
    CPU: 3.2 GHz 6コア i7
    メモリ: 32 GB

eGPU: Razer Core X

GPU: Radeon RX 5700 XT 8 GB

ディスプレイ: 2560 x 1080 px( GPU から HDMI 出力 )

FF14 を eGPU でプレイ

※ 公式の動作環境に eGPU でのプレイに関する記載はありませんので、参考にする際には各自の責任でお願いします。

結論として、スペックが見合っていれば、問題なく起動・動作しました。

設定

eGPU を使用する設定に関しては、その他のアプリと同じく、FF14 のクライアントアプリを右クリックし、「情報を見る」から「外部GPUを優先」を選択すればできます。

評価

やはり Windows 版と比べ品質は大きく劣ります。

この記事 によれば Windows 環境で RX 5700 XT は 4K 解像度 / 最高品質 で「非常に快適」が得られるベンチマーク結果です。

これを見て、いけるだろうと思って Mac で 2560 x 1080 px の最高品質( Maximum )でプレイしたところ、数分でカーネルパニックを起こし、Mac がフリーズしました。

品質を下げれば動作は安定するので、現在は標準品質( Standard )でプレイをしています。

結果、安定してプレイしたいのであれば RX 5700 XT を使ってもフル HD 標準品質( Standard )が限界ということです。

おわりに

調べた限り eGPU で FF14 が遊べるかどうかの情報が少なかったので共有してみました。

試して欲しい設定などあればやってみますので、コメントなどお待ちしています。

よかったらシェアしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)