はじめに

セットアップ系の話です。

前にも書いたかもしれませんが僕はGUIが好きでCUIはあまり好きではないのですが、現状使わざるを得ない状況が多いです。

どうせ使うなら使いやすくしたいということで、僕の使ってる環境構築を晒したいと思います。

前準備

最新のzshを入れるためにHomebrewを導入します。すでに入ってる人はスキップしてください。

以下、インストールコマンド

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

zshのセットアップ

zshのインストール

まず、インストールします。

$ brew install zsh

zshを使えるようにする

次に、インストールしたzshをシェルのリストに追加します。

こちらは/etc/shells/usr/local/bin/zshを書き加えます。好きなエディタで書き込んでも良いですし、以下のコマンドでも書き加えられます。

$ echo /usr/local/bin/zsh | sudo tee -a /etc/shells

ログインシェルをzshに変更

最後にログインシェルをzshに変更しましょう。

$ chsh -s /usr/local/bin/zsh

以上でzshのインストールは終わりです。ターミナルを再起動するかzshとすれば、zshが使えます。

Preztoのセットアップ

Preztoとは

インストールした直後の何も設定していないzshでは心許ないので強くするためにPreztoをインストールします。

Preztoを入れることで、.zshrcに色々書かなくても、補完の強化やプロンプトのテーマ設定等の面倒なことを良しなにしてくれます。

Preztoのインストール

まず、gitでファイル群を持ってきます。

$ git clone --recursive https://github.com/sorin-ionescu/prezto.git "${ZDOTDIR:-$HOME}/.zprezto"

次に設定ファイルの作成を行います。

↓は1つのコマンドなので、4行丸ごとコピペで実行します。

$ setopt EXTENDED_GLOB
for rcfile in "${ZDOTDIR:-$HOME}"/.zprezto/runcoms/^README.md(.N); do
  ln -s "$rcfile" "${ZDOTDIR:-$HOME}/.${rcfile:t}"
done

以上でインストールが完了です。

インストールが終了するとzshのプロンプトに3色の矢印が表示されると思います。

Preztoのプロンプトテーマ変更

個人的にあまり初期のプロンプトのテーマが好きではなかったので、~/.zpreztorcを変更していきます。

環境やバージョンによって多少行数は前後するかもしれませんが110行あたりからプロンプトの設定が書いてあります。そこのテーマの設定(僕の環境では116行目)を以下のように書き換えます(powerlineは僕が選んだテーマなので、この部分を自分の好みのテーマに書き換えます。テーマ一覧はprompt -pで確認することができます)。

- zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'sorin'
+ zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'powerline'

ここで注意したいのは、powerlineでは特殊なフォントを使用するため、ターミナルで使用するフォントを変更しなければならないことです。好きなフォントのpowerline版を探してインスールしておきましょう!

おわりに

Preztoを入れれば、基本的な使いやすさが向上しますが、細かな設定は自分で.zshrcに書いていき、自分用に育てていきましょう!

あまり書き込んではいませんが、僕の.zshrcここで晒してます。

こんだけ書いておいて実はXonshが気になって、新しく入れてみたのは秘密

スポンサーリンク